いふくまち保育園

わたしたちののこと

福岡県福岡市中央区薬院伊福町11-3
© IFUKUMACHI Nursery school All Rights Reserved. © IFUKUMACHI Nursery school All Rights Reserved.

いふくまち
の想い

  • いふくまち保育園

    こどもたちの「なんだろう?」から始まる保育

    小さな気づきを大切にし
    子どもも大人も一緒に学び合う

  • いふくまち保育園

    まちとともにあるひらかれた風景へ

    保育園と公園を中心に
    豊かな子育ち大人育ちの
    居場所づくり

  • いふくまち保育園

    地球を思い、生きることを冒険できる人

    土、水、太陽、生き物など
    自然と触れ合い
    ともに生きる環境を生み出し続ける

いふくまち保育園の外観 いふくまち保育園の地図
所在地
〒810-0025
福岡県福岡市中央区薬院伊福町11-3
電話
092-406-8329
運営形態
企業主導型保育事業 
運営:株式会社アルバス
法人設立
平成21年4月
面積・構造
75.95㎡ / 鉄筋コンクリート造
  • 乳児・ほふく室37,42㎡
  • 保育室10.6㎡
  • 調理室5.24㎡
  • 医務室兼事務室4.75㎡
  • 子どもトイレ4.17㎡
対象
0歳児(生後6ヶ月) 〜 小学校就学前まで
定員
19名
職員体制
園長 1名 
保育士 5名 
看護師/助産師 1名
保育補助(子育て支援員)3名 
調理員 3名

※園前の道路は狭く、通学途中の小中学生や車の交通も多いので子どもたちが飛び出さないように気を付けてください。

※駐車場は園玄関横に1台分のスペースがありますが、できるだけ近隣のコインパーキングをご利用ください。
短時間でも路上駐車はお控えください。

ALBUS

ALBUS

撮る、残していく、未来に。

今を生きる子どもたちが、いつかおじいちゃんおばあちゃんになって、孫に自分の写真を見せるときどんな話しをするだろう。

「これがわたしの子ども時代」と言って当時の写真を見せながら、思い出を振り返り、どんな友人がいて、どんな生活だったか…想像もできない話をしてくれるかもしれない。

残された1枚の写真が歴史を伝え、現在へとつなげてくれる。写真とはプリントされた紙のことを指すのではなく、写真に流れている時間や記憶をそう呼ぶのではないかと考えます。

そんな「写真」を伝えていくための写真屋として「ALBUS(アルバス)」は生まれました。アルバスでは、撮影や現像はもちろん、写真にまつわる様々な活動に取り組んでいます。

2階はギャラリーとして、そして、1階には食事ができるレストラン「trene(トレネ)」もあります。私たちの、白い小さな家にご家族で遊びにいらしてください。

株式会社アルバス / ALBUS

810-0023
福岡県福岡市中央区警固2-9-14
TEL 092-791-9335

OPEN 11:30 / CLOSE 17:00
店休日 毎週水曜木曜金曜 定休

http://albus.in

いろいろな方の力をお借りして
完成した園舎

ものが生まれていく物語が子どもたちにも伝わるように、園舎に使う木を選ぶところから携わりました。
信頼できるチームと、未来を想像しながら一緒に生み出し、その物語に見守られながら暮らしています。

  • 吹き出し掲示板

    吹き出し掲示板Bulletin board

    保育園がまちに話かけている様子を形にしています。公園だよりや、地域の方からいただくおたよりなどを掲示しています。地域の方も自由に使える掲示板として機能させていきます。

  • 公園への通路

    公園への通路Pathway

    中央区維持管理課指導のもと、公園愛護会を立ち上げて公園管理を行っています。その上で、園から公園へ直接出られるように扉を設置させてもらい、保育園で使う遊具などを公園に来られた利用者の方々にも貸し出しています。

  • シンボルツリー

    シンボルツリーSymbol tree

    「NPO法人いとなみ」の協力のもと、糸島の山に育っていた皮剥き間伐を山で選びいただいてきた木を、園内にたくさん使用しています。気に入った1本の木を園の中心に置いて毎日一緒に過ごしています。

  • 漆喰の壁

    漆喰の壁Plaster Wall

    女性の左官・壁塗職人 加本聖香さんが、全ての壁のデザインを変えながらフリーハンドで塗ってくれました。色は全て白ですが、光と影で壁の模様が立体的に変化し、トイレの中までその拘りを感じることができます。

  • 建具と家具

    建具と家具Furniture

    「家具工房 橙」尋木耕一さんが作る家具は、デザインの中に機能性を追求して、いふくまちにあったものを提案してくれています。長く大切に使えるように、手入れや修理ができるものを作ってくれました。

  • 設計・内装

    設計・内装Design

    設計は、「記憶設景室」上野勝さん、「未来建築はじまりのいえ」本山早穂さん、本山清さんが、面白いアイデアと夢を次々に提案してくださり、魅力的な時間を共有しながら皆の思いを実現させてくれました。

  • 調理室

    調理室KITCHEN

    匂いにつられて集まってしまうキッチンは、一段下がっていて、子どもたちは調理スタッフの手元がよく見れるようになっています。「今日のお昼ご飯はなあに?」「どうやって作っているの?」「お手伝いしていい?」など、調理員との会話は日常の風景となりました。

  • 手製のおもちゃ

    手製のおもちゃHomemade toy

    子どもたちの遊びを見て生まれたものや自然素材にこだわり、プラスチック製のおもちゃは極力購入せず、修理ができるものは修理するなど、遊ぶものや環境づくりに手を抜かずこだわりを持っています。